PDCAサイクルを効率よく回すコツを知れば、社畜からも解放されます。No.24 - ネットビジネスが社畜生活から解放させてくれた

PDCAサイクルを効率よく回すコツを知れば、社畜からも解放されます。No.24



青山です。



何も考えずに生きていると
社畜のまま人生が
終わってしまいます。



皆さんはPDCAという言葉を
知っていますか?



ビジネスにおいてよく使われる言葉ですが、
知っていても意味を理解していない、


または意味は理解していても
使い方がわからないという方が
多いのではないでしょうか。



そこで、今回はPDCAサイクル
効率よく回すコツを紹介します。



PDCAサイクルとは



PDCAサイクルとは、
マネジメントサイクルのひとつで、
計画(PLAN)
実行(DO)
評価(CHECK)
改善(ACTION)
のプロセスを順に実行します。


評価の結果をもとに、
最後の改善で最初の計画を
継続、修正、破棄するかを判断し、
次回の計画に結び付けるという
サイクルを繰り返すことによって、
継続的な業務改善を実現することを
目的としたマネジメント手法です。



最適な計画(PLAN)を立てる方法



まず、計画は慎重に、明確に立て、
期限、ノルマを決めることが重要です。



ゴールの難易度を考慮せずに
安易に計画を立ててしまうと、
簡単すぎて怠慢になったり、
難しすぎて途中で挫折するため、
評価・改善まで至らないケースが
多くなります。



また、いつまでに、どの程度
達成すればゴールなのかを
数値化しておかないと、
何をすればいいのかわからなくなり、
評価・改善ができません。



そのため、具体的で、
かつ計測、達成可能で、
期限が決められた計画を
立てることが重要です。



確実に実行(DO)する方法



次は計画に基づいて
行動するフェーズです。



計画を達成するためには、
有言実行が大前提です。



達成可能な数値目標を
立てているので、
言い訳は許されません。



また、PDCAサイクルでは
「質」より「量」を重視します。
計画のクオリティを上げることは
重要ですが、「質」にこだわると
時間ばかりが過ぎてしまいます。



そのため、計画に基づいて
素早く確実に行動することが重要です。



正当な評価(CHACK)をする方法



計画に基づいて
行動できたかどうかを
評価することは非常に
重要なフェーズです。



計画の段階で適切な
目標数値が設定されていないと
目標と結果のギャップを
評価することが困難になります。



そのため、目的に合った
的確な評価基準を設定し、
評価することが重要です。



効果的な改善(ACTION)をする方法



最後に、評価で明確になった
課題を改善します。



改善のフェーズでは、
計画を継続するか、
中止するか、
他の方法を導入するかなど、
次の計画に向けた方針を決めるため、
腰を据えて入念に
行う必要があります。



様々な角度から評価した結果を
集約することで解決の糸口を
見出すことができるため、
改善策を複数用意し、
総合的にスピーディで
かつ効果的な改善策を
選定することが重要です。


まとめ



今回は、PDCAサイクルを
効率よく回すコツについて
ご紹介しました。



PDCAサイクルを正しく理解し、
継続して活用することによって
自身のスキルアップや
チームの成果につながるので、
皆さんも意識して行動しましょう。



関連記事

成果を出しやすいジャンル。
初心者だから稼げるビジネス。

今だから言える
独自ノウハウを教えます。

無料講座配信中!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
無料メールマガジンはこちらから


アフィリエイト系なら

レビューはこちらから



ライティングを学ぶなら

レビューはこちらから



自動集客ツールなら

レビューはこちらから



物販系なら

レビューはこちらから



コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ネットビジネスが社畜生活から解放させてくれた All Rights Reserved.